ブラックリストだといつまでローンは組めない?ブラックを消す方法はある?

  • 短期間に何社も申し込みしてしまった
  • ブラックリストが原因で審査に通らない
  • いつまでローンが組めないのか知りたい

このような悩みを解決するための記事になっています。

ブラックリスト入りしてしまうと、カードローンやクレジットカードの審査に通らなくなります。

過去に滞納をした人、債務整理をした人などはそのあたりの事情がよく分かっていると思います。

でも、「自分がいつまでブラックリストのままなのか」と聞かれると、知らない人のほうが多いでしょう。

この記事では「どんなことをすればブラックリスト入りするのか」「ブラックリストの登録期間」などについて、くわしく説明していきます。

記事を読み終えると、いつからクレジットカードの審査に通り、ローンが組めるようになるか分かるようになります。

ブラックリストとは何か?

ブラックリストについて説明します

まず、ブラックリストとはどのようなものなのでしょうか?

以前も説明しましたが、ブラックリスト自体は存在しません。

下記のような金融事故情報が信用情報機関に登録されることをブラックリストと呼んでいます。

思い当ればブラックリストかも
  • 過去に61日以上支払い滞納をしたことがある(延滞)
  • 自己破産や個人再生をしたことがある(債務整理)
  • 携帯電話本体の分割払いや奨学金の支払い滞納をしたことがある(延滞)

では、その金融事故情報はどれくらいの期間がたてば信用情報機関から消えるのでしょうか。

「何もしなければずっとブラックリストのままかも」とお悩みのかたもいるでしょうから、その不安を消していきましょう。

信用情報機関とはどんな機関なのか?

まず、信用情報機関について説明します。

信用情報機関とは、加盟する銀行・カードローン会社・クレジットカード会社などから信用情報を集めて、管理・提供する機関です。個人信用情報機関とも呼ばれています。

消費者がクレジットやローンなどを利用する際、会員会社は消費者の信用力を判断するために信用情報機関に登録されている消費者の信用情報を確認しています。
(引用:JICC

金融機関に申込者の過去の利用状況などの情報提供をする機関と思って頂ければ分かりやすいと思います。

例えば、カードローン会社に申し込みをすると、審査で個人信用情報機関にある信用情報を見ます。

この信用情報に「平成〇〇年〇月にクレジットカードの滞納があった」という情報があれば、「この人はブラックだ」と判断されて審査落ちします。

ブラックリストはいつ消える?

信用情報機関から金融事故情報が消える必要がある

ブラックリストから消えるには個人信用情報機関の金融事故情報が消えないといけません。

ブラックリストの登録期間は個人信用情報機関によって少し違いがありますが、ある程度同じ期間登録されます。

ブラックリストの登録期間➀過去の滞納(延滞)

JICCは消費者金融系、CICはクレジットカード系、全銀協は銀行系の信用情報機関です。

過去の滞納の登録期間はこのようになっています。この期間を超えると自動的に信用情報から消えます。

  • JICC:1年間
  • CIC:5年間
  • 全銀協:5年間

こちらを見ると分かるように、JICCの延滞の事故情報は完済後1年で消えます。

延滞という点だけで見ると、JICCでのブラックリストから復活するのは早いといえます。

しかし、CIC・全銀協の延滞情報の保持期間は5年間と長いです。この場合、ブラックリストから卒業するまでに5年間もかかることになります。

さらに注意しておきたいのは、「完済日から5年間」なので、いつまでも借りたお金を返済せずに滞納したままでいれば、いつまでたってもブラックリストのままになってしまいます。

滞納している分を全額支払ってから、JICCなら1年後、CICと全銀協なら5年後にブラックリストではなくなります。

ちなみにクレジットカードの滞納の場合、61日以内ならブラックにならない可能性があります。

ブラックリストの登録期間➁債務整理(自己破産・個人再生・任意整理)

次は債務整理の登録期間についてです。

債務整理の登録期間はこのようになっています。

  • JICC:5年間
  • CIC:5年間
  • 全銀協:5~10年間

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をした場合、JICCとCICでは5年間登録されます。注意が必要なのは全銀協で、長くて10年間も債務整理情報が登録されてしまいます。

全銀協は債務整理の内容によって登録期間が違うので少し分かりにくいですね。任意整理は5年間、個人再生と自己破産は10年間も信用情報に登録されます。

任意整理に関しては全銀協の登録期間は5年間なので、5年たてば銀行のローンに通る可能性も出てきます。ですが自己破産と個人再生をした人は10年間も銀行のローンに通らないことになります。

さらに任意整理や個人再生の場合、途中で支払い滞納をしてしまうとブラックリストの情報が残ってしまいます。

ただでさえ長い登録期間がさらに長くなりますので、債務整理の場合も途中で滞納せず必ず完済させてください。

債務整理をすると一生カードローンやクレジットカードの審査に通らないと考えている人がいます。そのような人には下記の記事が参考になります。

ブラックリストの登録期間➂申込情報(申し込みブラック)

次は申し込みブラックの登録期間についてですが、債務整理や延滞と少し考え方が違います。

1ヶ月以内に3社以上の申し込みがあれば、「申し込みブラック」と判断されてしまいます(1ヶ月以内に3社以上という基準は消費者金融など業者によって異なります)

申し込みブラックの登録期間はこのようになっています。

  • JICC・CIC・全銀協:6か月間

債務整理や延滞のように明確なブラックではありませんが、申し込みブラックもブラックリストの一種といってもいい状態です。

ローンが組めない原因が申し込みブラックという人も少なくありません。

「アコムに申し込み→プロミス→レイク→アイフル→モビット・・・」

このように短期間に何社も申し込みをしているような人のことを申し込みブラックと呼んでいます。

申し込みブラックの対処法としては特別難しいことはありません。くわしく説明していきます。

なぜ申し込みブラックは審査に不利なのか?

「個人信用情報機関に申込情報が6か月載っている」という話をしましたが、そこからわかるように申し込みブラックという情報が直接載っているわけではありません。

個人信用情報機関に「申し込みブラック」という項目はありません。

例えば、ある消費者金融がJICCとCICの情報を見提出、「この人は1か月以内にカードローン3社に申し込んでいるからお金に困っているんだろうな」と判断されて審査に落ちます。

ですが、総量規制などの法律で「申し込みブラックの人に融資をしてはいけない」という決まりがあるわけではありません。

例えば、短期間に10社申し込みをしたような超申し込みブラックな人に融資をしても消費者金融としては問題はありません。

ただ、「申し込みブラック」の人は過去の統計からもお金を返してくれない確率が高いことが分かっていますので融資をしないだけです。

6か月たてば申し込みブラックは消える?

申し込み情報が残っていると、その時申し込んだ消費者金融や銀行の情報を見れば審査に落ちたかどうかもわかります。

そんな状況でカードローンに申し込んでも審査に落ちるだけなので、申し込みブラック期間中はおとなしくしておきましょう。

消費者金融や銀行などに最後に申し込んだ日から6か月経てば、申込情報は消えます。

「6か月の間、金融機関に申し込みをしない」だけで、「申し込みブラック」から卒業できます。

申し込みブラックで審査に落ちている人からすれば、「6か月何もしないで待つ」だけで、審査に通るようになる可能性が出てきます。

申し込みブラックでなくなるだけでも格段に審査通過率は上がります。

金融機関がどのような審査基準で審査をしているか知りたいかたは、こちらの記事を参考にしてください。

ブラックでも借りれるカードローンはあるか?

「ブラックリストは登録期間がすぎれば消える」と説明しました。

ですが、「それでも今すぐお金が借りたい!」という人もいるでしょう。ブラックでも審査に通る可能性があるカードローンってなかなかないんですよね・・・

まず銀行は無理ですし、プロミスなどの大手消費者金融もほぼ無理です。

一部の中小規模の消費者金融しか審査には通らないと考えたほうがいいです。

ブラックでも借りれる消費者金融はありますので、現在軽度のブラックの人はそこを狙ったほうがいいです。

ブラックリストを卒業してもスーパーホワイトで審査落ちする可能性がある

スーパーホワイトで審査に落ちることがある

ブラックリスト登録期間中は、ほとんどの銀行や消費者金融、クレジッカードの審査は通らない状態です。登録されている期間は申し込みをさけたほうがいいでしょう。

ブラックリストの登録期間がすぎたあとは、信用情報機関であなたの情報を見ても何もありません

過去に自己破産や滞納をしたことがあっても、消費者金融などからは全く分かりません。そうなればカードローンで融資してもらうことも、クレジットカードを持つこともできる可能性が高くなります。

ただし、信用情報が真っ白なままでは「この人過去に何かあったな」と疑われる可能性があります。

④※信用情報機関の利用
信用情報機関を利用して、自社以外のクレジットの利用状況をチェックします。
(引用:日本クレジット協会

そのような人は、携帯電話やスマートフォン(スマホ)を分割払いで購入することをおすすめします。

そうすれば、まっしろだった信用情報に「スマホを分割で購入した」という情報が書かれますので審査に有利になります。

ローンを組む前の対策としても有効です。

過去にトラブルになった消費者金融などに申し込んでも審査に通りませんので、そこには申し込まないようにしてくださいね。

ブラックリストを消す方法はあるのか

ブラックリストを消す方法はあるか

掲示板などでもたまに見かけますが、ブラックリストを消す方法を知りたい人は多いようです。

残念ながら、一度登録された金融事故情報は消すことができません

ですが合法的に消すことができる場合があります。

事実と異なる場合はブラックリストを消すことも可能

間違ってブラックリストに登録されるケースはゼロではありません。

そうなると長くて5~10年もカードローンだけでなく、住宅ローンやクレジットカードの審査に通りません。

その場合はどうすればいいか。

登録内容が事実でない等のセンターの登録情報に関する苦情をセンターで受け付けた場合は、その情報の登録元の金融機関・会社に調査を依頼のうえ、後日、その結果を本人限定受取郵便でご本人にご連絡いたします。
なお、登録内容が事実に則している場合には、情報の訂正等はできません。(引用:全銀協

登録内容が事実である場合は訂正はできませんと明記されていますが、信用情報が間違っている場合は訂正するために動いてくれます。

一般的には、信用情報が間違って登録されていることは少ないです。

「免許証などの本人確認書類を盗難された」などで、第三者により悪用されたおそれのある人が対象になることが多いでしょう。

「信用情報が間違って登録されているのではないか」と不安な人は、自分で信用情報を開示してみるといいでしょう。

まとめ:ブラックリストは時間がたてば消える!

上記で説明したとおり、ブラックリストは登録期間がすぎれば基本的に自動で消えます。

ブラックリストから卒業してからなら、ローンを組めるようになる可能性も十分あります。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

ブラックリストが消えるまでの期間
  1. 延滞ブラックリスト
    →CICは完済から5年後
    →JICCは完済から1年後
    →CICは完済から5年後
  2. 債務整理ブラックリスト
    →CICは5年後
    →JICCは5年後
    →全銀協は10年後(任意整理は5年後)
  3. 申し込みブラック
    →CIC、JICC、全銀協ともに、申込日より6か月後

ブラックリストに載っていると、どこに申し込んでも基本的に審査に落ちてしまいます。

登録されている期間は長いですが、金融事故情報が消えてから申し込んだほうが審査に通る確率は確実に上がります。

過去にブラックだった人でも、金融事故情報が消えてからカードローンやクレジットカードの審査に通った人はたくさんいます。

一生審査に通らないわけではありませんので希望を持ってください。