個人間融資でお金借りても大丈夫?闇金や詐欺ではないのか

  • 個人間融資でお金を借りても大丈夫?
  • 評判のいい個人間融資の掲示板はある?
  • 個人間融資でトラブルになったらどうすればいい?

このような疑問を解決するための記事になっています。

現在ブラックの人など、どの金融機関に申し込んでもお金が借りれない人がいます。

そのような人が個人間融資でお金を借りようとして、トラブルに巻き込まれる人があとを絶ちません。

この記事では、「個人間融資を利用しても大丈夫か。もし利用してしまうとどうなるか」について分かりやすく解説していきます。

記事を読み終えると、個人間融資を絶対に利用していけないことが分かります。

個人間融資とは

ここで言う個人間融資とは、知らない個人同士でお金の貸し借りをすることを指します。

通常、お金を借りる場合は銀行や消費者金融などを利用します。ですが「過去に自己破産をした人」などブラックリストの人は申し込んでも審査に通りません。

そのような「どこからもお金を借りれない人」が、個人間融資を利用してトラブルになっています。

個人間融資はどこで行われているか

個人間融資は、一般的にこの3つの場所で行われています。

  • Twitter
  • 個人間融資掲示板
  • 2ch(現在は5ch)

昔は2chで利用する人が多かったのですが、最近は個人間融資掲示板も増えてきた印象です。

Twitterでも個人間融資の情報を見るようになりました。

個人間融資の主な取引の流れ

個人間融資の取引の流れを簡単に説明するとこのような感じです。

  1. お金を借りたい人が個人間取引の掲示板などに書き込む(希望額やメルアドなど)
  2. お金を貸したい人がそのメールアドレスに返信する
  3. 交渉成立すればお金が借りれる

これはある個人間融資掲示板に投稿された書き込みです。

個人間融資掲示板

このかたは任意整理ブラックだから貸金業者からは借りれないのでしょう。

いつまでブラックリストなのかについては過去記事で書いてますので、そちらも参考にどうぞ。

書き込みの内容は掲示板によって多少変わります。ですが、基本的なルールはどの個人間融資掲示板でもほとんど変わりません。

年齢、性別、職業、収入、希望金額、メールアドレスなどを書き込み、「この人なら融資してもいい」と思った人が連絡してきます。

個人間融資でお金を貸してくれる人は信用できるか

個人間融資を利用しても危険はないか

個人間融資掲示板を見てみると、「今日中にお金が必要」など今すぐにお金が借りたい人が多いです。

お金を借りたい理由は他にも、「生活費が足りない」「〇日までに払わないと携帯が止まってしまう」「〇日までに借金返済したい」などです。

それにしても、書き込みを見てお金を貸してくれるとはなんていい人でしょうか。

そう思った人はだまされやすい人なので気をつけてください。

個人間融資の貸主の正体はヤミ金

実は、個人間融資の貸し手の多くはヤミ金です。

親切な一般人のふりをして近づいてきて、正規の貸金業者でお金を借りれない人を食い物にします

個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利の貸付けが行われるほか、個人情報が悪用され、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性がある。

ブラックの人はヤミ金にとってメインターゲットです。

ブラックだから他の金融機関で借りれないのが分かっているので、これ以上のカモはいません。

このような甘い言葉につられてはダメ

個人間融資を探している人は、すでにどこからもお金を借りれない人たちです。

ヤミ金など、だまそうとしている人たちはそのことをよく知っています。だからこそこのような宣伝文句を使います。

  • 今日中にお金貸せます(即日融資可能)
  • 100万円以上相談に乗ります(大口融資可能)
  • 審査なし
  • 自己破産などブラックOK
  • 専業主婦・年金生活者・無職・生活保護OK

「今日中に審査なしでお金を貸してくれる」と書かれていると、正規の金融機関で借りれない人は、つい引っかかってしまいそうになるかもしれません。

他にも「完全個人で融資しています」とかもありました。業者ではなく個人アピールなのでしょう。

ですが、連絡してしまうとアウトです。

個人間融資での闇金の手口と被害例

個人間融資はヤミ金の温床になっている

闇金は親切心でお金を貸すことはありません。

個人間融資掲示板を利用して、悪質な手口でお金や個人情報などを奪っていきます。ヤミ金の手口をいくつか紹介していきます。

高額な金利で貸し付け

正規の貸金業者は、出資法・利息制限法という法律で上限金利が20%と決められています。

ですが、ヤミ金はもっと高い金利を取ります。

トイチとかトサンという言葉を聞いたことはないでしょうか。10日で1割、10日で3割ほどの利息がつきます。トサンの場合、10万円を30日借りたら19万円になります。ただの地獄ですね。

当然、違法なので20%以上の利息は払う必要はありません。

ですが個人間融資では個人同士のやり取りということで罰則はありません。ヤミ金にとって個人間融資は都合がいいというわけです。

先に金利分を引いてお金を貸すパターンもあります。契約書では5万円融資と書いてあるのに、実際に融資されるのは4万円といった具合です。

個人情報を売られる

個人間融資でお金を借りるには、個人情報を渡す必要があります。

これは当然ですよね。貸すほうもどこの誰だが分からない人にはお金を貸しません。

貸した後に返済されなくなったときに回収するためにも、相手の個人情報は必要です。免許証や保険証のコピー、口座番号、電話番号などです。

このような個人情報は名簿屋などに売られます。その情報がさらに別の闇金に流れます。

このようなDMが急に届くようになれば、個人情報はもれているでしょうね。

ヤミ金融のDM(ダイレクトメール)

 

このケースではお金は借りれないことが多いです。お金を貸して法外な利息を取ることが目的ではなく、個人情報を盗むための手口なので。

一番最悪なケースは、「使ってない口座と通帳を要求される」という手口です。これを送ってしまうとその口座がオレオレ詐欺に使われます。

この被害にあうと、反社会的勢力扱いされてしまい、あなたの名前で銀行口座が作れなくなることがあります。

お金をだまし取る詐欺

保証料や手数料として、少額を先に振り込ませる被害も報告されています。

このケースでは、お金を振り込んだら連絡が取れなくなります。初めからお金を貸す気はなく詐欺目的です。

被害にあう金額も少額、そしてお金を借りる手段としてはグレーな方法、なので警察にも行きにくく被害届を出しにくい。ほんとよく考えられてます。

わいせつ目的

女性の場合、借りる条件として性的行為を要求されたり、わいせつ目的の写真や動画を送るよう求められたりケースがあります。

相手に写真を送れば、利息を免除してくれるというので、要望されるままに下着姿や裸の写真などを送った。しかし、融資は受けられず、こちらからの連絡にも返事がこなくなった。

このケースでは、下着写真を送るように言われたので断ると、ストーカーのように連絡がくることもあります。

個人情報は相手に渡していますので、自宅や勤務先までバレています。本人確認で免許証のコピーを送っていれば顔も分かります。

「ネットにお前の個人情報を流す」「職場に行く」などと脅されるケースもあります。

最近は「ひととき融資」で逮捕されたニュースもありました。

法定を上回る金利で貸し付けるだけでなく、性的関係を強いられ、断れば利息として5千円追加される。ひどい話ですが氷山の一角でしょうね。

ヤミ金と個人を見分けることはできるか

ヤミ金と個人を見分ける方法はあるか

本当に法定金利内でお金を貸してくれる個人もいるでしょう。

ですが、ヤミ金と個人を完全に見分けることは難しいです。と言うより無理です。

Twitterで個人間融資しても大丈夫か

Twitterでは、ハッシュタグ「#個人間融資」で検索すればたくさん出てきます。

明らかに怪しい書き込みが多いですね。

お金無い人困ってるひと
融資します
金額は10万以下でお願いします
保証金として一万預からせていただきますそのあと審査して判断させていただきます
(引用:Twitter)

例えばこの書き込みは明らかに、先に振り込ませる詐欺ですね。

中には「この人は詐欺」「この人は大丈夫」と判断している人もいますが、それすら本当か分かりません

ある程度の信頼を得てから、一気に詐欺を働くのも詐欺の手口のひとつですから。

個人間融資の掲示板なら安全か

「Twitterはともかく、掲示板での個人間融資なら、何かトラブルがあったら管理人が対応してくれるのでは?」

そのように考えるかたもいるでしょうが、個人間融資の掲示板の管理者は何もしてくれません

「あくまでも場所を貸しているだけ」というのが管理人のスタンスです。

もし個人間融資で被害にあったとしても、「警察に相談してください」で終わりです。

個人間融資の掲示板はどんどん消えている

「どこか安全な個人間取引の掲示板があるかもしれない」

これだけ注意喚起しても、まだそのように考えている人もいるでしょう。

ですが、個人間融資の掲示板はどんどんなくなっており、下記の掲示板も閉鎖されています。

  • 個人間融資LINE
  • 個人間融資ドットコム
  • 個人間融資パトロンブラザーズバンク

比較的有名な個人間融資の掲示板だったようですが、調べてみると悪い口コミばかりでした。閉鎖するのも当然ですね。

個人間取引で被害にあったらどうすればいいか

個人間融資の被害にあったら

中にはすでに個人間融資で被害にあった人もいるかもしれません。

どう対処すればいいか説明していきます。

警察に相談する

例えば下記のような状況なら、警察に相談したほうがいいでしょう。

  • 相手がヤミ金だった
  • 振り込め詐欺にあった
  • 口座売買の強要を受けている
  • わいせつ被害にあった
  • 脅迫を受けている

すでに被害を受けている場合、警察は動いてくれます。どうしたらいいか分からないなら、匿名で最寄りの警察署に電話で相談する手もあります。

ひとりで抱え込まないことが大事です。

弁護士に相談する

警察は犯罪の被害にあえば動いてくれますが、被害が出ていない場合は民事不介入ということで動いてくれません。

この場合は、弁護士に相談することが有効で、相手が闇金融の場合は一番の専門家なので頼りになります。

例えば、利息制限法を超える部分の利息は無効となり、超えた利息は法的に支払う必要がないと決められています。10万円以下なら年利20%が上限です。

このような法律を盾にヤミ金と直接交渉してくれます。

場合によっては、そもそもヤミ金からの借り入れということで、今後返済しなくていいように話をつけてくれるケースもあります。

参考にするならこんな感じですかね。

仮に1回も返済していない状態でも、「ヤミ金が相手であれば返済する必要がない」と突っぱねることができるのが、弁護士のすごいところです。

デメリットとしては弁護士費用がかかることです。

ですが、自分ではトラブル解決できない場合は依頼したほうがいいです。ついでに借金相談もすることをおすすめします。

まとめ:個人間融資はヤミ金だらけ

今回説明したとおり、個人間融資は絶対に利用してはいけないことが分かったと思います。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

個人間融資のまとめ
  1. 個人間融資でお金を借りても大丈夫?
    →ほとんどがヤミ金で詐欺も横行してる
  2. 評判のいい個人間融資の掲示板はある?
    →ありません
  3. 個人間融資でトラブルになったらどうすればいい?
    →警察や弁護士に連絡してください

個人間融資は絶対に利用してはいけません。トラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いです。

無収入や重度のブラックは無理ですが、軽度のブラックであれば審査に通る可能性はあります。下記の記事を参考にしてください。