カードローンを滞納するとブラックリストになり差し押さえされる?

  • カードローンを滞納するとどうなるのか
  • 何か月滞納するとブラックリストになるのか
  • 滞納したときはどのような対応をしたらいいのか

このような疑問を解決するための記事になっています。

カードローンやキャッシングでお金を借りたら、毎月の支払が発生します。毎月の支払いは遅れないようにしていると思いますが、「病気」「リストラ」「収入減」など予期せぬ理由で、急に支払いができなくなることがあります。

支払ができずに、カードローンを滞納してしまうとどうなるか不安になりますよね。督促状が届いたり裁判されるのかと怖いですよね。

この記事では「カードローンを滞納するとどんな措置がとられるか」「滞納したときの対応策」について、くわしく説明していきます。

記事を読み終えると、カードローンを滞納したときにどう対応したらいいか分かるようになります。

カードローンを滞納するとどうなるのか

カードローンを滞納すると起きることカードローンを滞納してしまうと、一般的には下記のような流れになります。

  1. カードの利用が停止される
  2. カードローン会社から督促連絡がくる
  3. 信用情報機関に登録される
  4. 内容証明郵便で一括請求される
  5. 差し押さえなどの強制執行される

滞納する機関が長くなるにつれて、ペナルティも重くなっていきます。

それでは、詳しく解説していきます。

カードの利用が停止される

支払滞納してから、早ければ次の日からカードが利用停止になり、カードローンが使えなくなります。

A:カードローンの返済日に残高不足になった場合は延滞となり、カードローンが利用できなくなります。利用いただくには、延滞分のご返済が必要です。
(引用元: みずほ銀行カードローン

支払いを滞納したことが利用停止の原因であれば、基本的には滞納分を返済すれば利用停止は解除されます。利用枠を減額される可能性はありますが。

それから1日でも滞納した場合、遅延損害金が発生します。通常の毎月の返済に加えて遅延損害金も支払う必要があります。

Q:返済が遅れてしまうとどうなるんですか?
A:ご延滞時は、担当者から個人名でご連絡させていただく場合がございます。
また、遅延損害金をお支払いただくことになります。カードローンは遅延損害金年率20.00%を日数に応じてお支払いいただきます。
(引用元: アコム

カードローン会社から督促連絡がくる

毎月の支払を滞納すると、カードローン会社から督促の連絡が入るようになります。

督促の電話がかかってくる

一般的には、返済日の翌日(滞納1日目)に携帯電話に電話がかかってくることが多いです。

この時点では、督促の電話というほど厳しいものではありません。「引き落としが確認できませんでした。いつ入金できますか?」という確認の電話といった内容です。

実は、ついうっかりで1日滞納してしまったという人は多いです。なので、銀行や消費者金融も滞納してすぐの場合は基本的に優しい対応してくれます。

ここで注意点があります。利用者が携帯電話に出ないときは自宅の電話にかかってきます。それでも出ないときは勤務先に連絡してくるケースもあります。

個人名でかけてきますし、家族や勤務先の人などに滞納していることを話すことはありませんが、できるだけ避けたいところです。

督促状が自宅に届く

電話がつながらない場合や支払いがない場合は、自宅にカードローン会社から督促状が届きます。

督促状はハガキなどで届き、「入金がありませんでした。〇〇円を〇日までに入金してください」といった内容で書かれています。

この督促状は届くたびに、言い方がキツくなっていきます。この次は「個人信用情報機関に登録される恐れがあります」などでしょうか。

信用情報機関に登録されブラックリストに

督促をしても滞納が解消されない場合、カードローン会社は信用情報機関に滞納情報(延滞)を登録します。

つまりブラックリスト入りを意味します。

滞納1か月でも準ブラック扱いにはなりますが、その状態でクレジットカードの審査に通った知人がいます。基本的には3か月滞納してしまうと、信用情報機関3社とも完全にブラックになると思ってください。

1年~5年間はブラックリストとして信用情報機関に登録されてしまい、カードローンやクレジットカードの審査に通らなくなります。

ブラックリストに関しては詳しく知りたいかたは、下記の記事をお読みください。

内容証明郵便で一括請求される

それでも滞納したままだと、内容証明郵便が自宅に届きます。「滞納分+損害遅延金を〇日までに一括返済してください。」という内容の「差押予告通知」です。

この「差押予告通知」に法的拘束力はありませんので、差し押さえなどの強制執行はできません。

差し押さえなどの強制執行される

「差押予告通知」が届いてからも滞納したままであれば、1~2ヶ月以内にカードローン会社から強制執行の申し立てが行われます。

ちなみに、この段階まで来ると銀行カードローンの場合は「代位弁済」となり、保証会社が対応することになります。

すると、次は裁判所からの支払督促が届きます。到着日から2週間以内に異議申し立てをしない場合、差し押さえが実行することを予告されます。

異議申し立てがない場合は、裁判所により強制執行がなされて財産の差し押さえが行われます。

例えば給料差押えの場合,原則として相手方の給料の4分の1(月給で44万円を超える場合には,33万円を除いた金額)※を差し押さえることができます。
(引用元: 裁判所)

給与を差し押さえられると会社に借金がバレてしまいます。借金がバレたため、会社に居づらくなって退職・・・とはなりたくありませんよね。

とはいえ、カードローンの滞納で差し押さえまでされるケースは少ないです。滞納してからずっとカードローン会社からの督促を無視している場合は、差し押さえられることもあります。

カードローンを滞納したときの対処法

カードローンを滞納した時の対処法は

カードローンの滞納をそのままにしていると大変だということはおわかり頂けたと思います。

では、カードローンの滞納にどう対処していけばいいでしょうか。

対処法(1)カードローン会社に相談する

まず、滞納する前に必ずカードローン会社に相談しましょう。相談すれば「毎月の支払額を減額してくれる」などの対応をしてくれます。

アコムにご相談ください。一時的な約定返済金の減額も可能です。
※減額により約定返済金額に満たない場合、ご返済総額およびご返済回数が増加する可能性があります。
(引用元: アコム)

支払期日を過ぎて滞納してしまった場合も、カードローン会社に連絡を入れましょう。連絡を入れずに滞納を放置すると社内ブラックになることもあります。

社内ブラックについては、こちらの記事を読んでください。

対処法(2)親や親せきからお金を借りて全額返済する

もし親兄弟や親せきなどからお金を借りれるのであれば、この方法が一番いいです。全額返済すれば利息もかかりませんし、滞納前であればブラックリストにもなりません。

借りたお金を払えないと人間関係が崩れることが最大のデメリットなのでご注意を。

対処法(3)おまとめローンを利用する

おまとめローンとは、今ある借り入れを低金利なカードローン1つにまとめるローンのことです。

おまとめローンにはこのようなメリットがあり、借金を完済しやすくできます。

  • 毎月の返済額を減らせる
  • 支払総額を減らせる
  • 複数社から1社にまとめることで返済の手間が減る

ただし、滞納後だと審査に通りにくくなるので、早めに行動しておく必要があります。

借入件数が少ない人は銀行のおまとめローンに申し込むことをおすすめします。

ですが、すでに借入件数が4件以上ある人はおまとめローンの審査に通りにくいです。「審査の甘いおまとめローン|中央リテール審査の流れや評判を解説」を参考にしてください。

対処法(4)自己破産などの債務整理をする

自力で返済できずに滞納期間が長くなると、利息や遅延損害金も増えるので借金がふくらんでいきます。そして最後には強制執行され給与が差し押さえされます。

滞納中の間、カードローン会社から督促の連絡電話がかかってくるので対応しなければいけません。支払いできないのに対応することは本当に苦痛です。

こうなる前に、弁護士や司法書士などの専門家に相談し、債務整理をすることをおすすめします。

まず、弁護士や司法書士に債務整理を依頼すると、督促をストップすることができます。督促の電話がピタッとやみます。これは本当に気が楽になり、心が休まります。

借金の額や自分がどうしたいかなどで、債務整理の方法は変わってきますので、弁護士や司法書士に相談してください。債務整理の費用も分割にしてくれるように相談できます。

まとめ:カードローンを滞納するとブラックリストに登録され差し押さえされることもある

今回説明したとおり、カードローンを滞納するとブラックリスト入りしたり、給料を差し押さえされる可能性もあることが分かったと思います。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

ポイントのまとめ
  1. カードローンを滞納するとどうなるのか
    →カードの利用が停止され、督促の連絡がくる
    →ブラックリスト入りする
    →一括請求、強制執行され給与などが差し押さえされる
  2. 何か月滞納するとブラックリストになるのか
    →信用情報機関にもよるが2か月以上の滞納はアウト
  3. 滞納したときはどのような対応をしたらいいのか
    →まずはカードローン会社に連絡する
    →おまとめローンや債務整理などを検討する

返済期日に間に合わない場合、必ずカードローン会社に連絡しましょう。毎月の支払額を減らすなどの対応をしてくれます。その前におまとめローンを検討することも考えておきましょう。

もしカードローンを滞納しても放置することは絶対にやめたほうがいいです。利息と損害遅延金がどんどん増えていき、最悪の場合は給料を差し押さえられることもあります。

そうなる前に自己破産などの債務整理をして、人生をやり直しましょう。