審査の甘いおまとめローン|中央リテール審査の流れや評判を解説

  • おまとめローンの審査が甘い金融機関が知りたい
  • 銀行や大手消費者金融のおまとめローンの審査に通らない
  • 多重債務で悩んでいるが自力で返済したい

そのような悩みを解決する記事になっています。

おまとめローンを検討しているくらいなので、お金を借りては返してを繰り返す自転車操業になっているのでしょう。

「借金返済は苦しいけど、自己破産はせずに何年かかっても自力で返したい!」

そう思っていても、なかなかおまとめローンの審査に通らない人は多いです。審査厳しいですから。

そのような悩みを持つ人のために「審査のゆるいおまとめローン」や「おまとめローンの審査に落ちる原因と対策」について解説していきます。

おまとめローンを組んで多重債務者から抜け出せば、借金に追われる生活からおさらばできます。

「今すぐ審査の甘いおまとめローンを教えて!」という人はこちら

おまとめローンの審査が甘い金融機関はある?

中央リテールのおまとめローン

銀行や大手消費者金融では審査に通らない人向けのおまとめローンを紹介します。それは中央リテールです。

金利(実質年利)10.95~13.0%
限度額最高500万円
審査時間最短1日
返済期間最長10年(120回)

中央リテールは平成15年12月に設立したおまとめローン専門の中小消費者金融です。一般的な知名度は低いですが、借金持ちの間では有名な消費者金融です。

もし銀行のおまとめローンで審査に通りそうなら銀行を優先してください。

中央リテールは、銀行や大手消費者金融のおまとめローンに通らなかった人が申し込む金融機関です。他社よりもおまとめローンの審査基準がゆるく、多重債務者に寛容ともいえます。

それに、上限金利が13%なので大手消費者金融よりも低いというメリットもあります。

中央リテールはおまとめ目的でしか借りれないという点にも注意が必要です。

「ちょっと多めに借りたい」と思ってもできないので注意してください。200万円借金があれば200万円までしか借りれません。

中央リテールの審査基準は甘いのか?

中央リテールは「クイック診断」という簡単な質問で融資可能かチェックできます。

他の消費者金融などにも同じような「お試し診断」のようなものはありますが、「他社がやってるからとりあえずつけた」と感じる金融機関も少なくありません。

中央リテールの「クイック診断」はかなりリアルです。実際の足切りラインを設定している印象が強いです。

クイック診断の内容から個人的に足切りラインをまとめてみます。

中央リテール審査基準
  • 年齢:20歳~55歳
  • 他社借入件数:5件以上
  • 他社借入金額:200万円以上
  • 地域:関東・関西近郊
  • 職業:正社員・公務員・契約社員

こんな人は中央リテールの審査に通らない

おまとめローンの審査に落ちる人はこんな人

中央リテールは銀行や大手消費者金融よりも審査は甘いと言えますが、このような人は審査に落とされる可能性が高いです。

他社借入件数5件、他社借入金額200万円以下である

この条件より少ないと審査に通る可能性は低いです。

クレジットカードのキャッシングローン、ショッピングローンも含みます。

中央リテールでは、借入額が少ないことが審査落ちの原因になります。中央リテールはおまとめローン専門なので金額が低いとメリットが低いということなのでしょう。

ですが、「借入件数5件以上借入金額200万円以上」は絶対条件ではありません。

例えば、借入件数が3件でも借入額が200万円以上あったので審査に通ったという口コミもあります。

年収以上の借金がある

私の知る限りでは、借入額が年収以上の人が審査に通ったケースを見たことがありません。

そもそもの話ですが、貸金業者は総量規制という法律によって、年収の3分の1以上の貸し付けをしてはいけないと決められています。

ですが、おまとめローンの場合は「顧客に一方的に有利となる借換え」として年収の3分の1以上の貸し付けが認められています。

中央リテールは口コミなどを見ると、年収の半分(2分の1)までなら審査に通る可能性があります。

あと、この条件も審査に通る上で覚えておきましょう。

  • 「借換え後」の金利が、借換え前の金利を上回らない
  • 1か月の負担額について、借換え後の負担額が、借換え前の負担額を上回らない

つまり、借り入れ後に金利が下がること、毎月の返済額が下がること、このふたつも審査に通るための条件になります。

渋谷の店舗への来店ができない

地域に関しては、東京の渋谷にある店舗で直接契約をする必要があるため、「関東・関西近郊」となっています。店舗で契約できるなら地方在住の人でも審査対象となることがあります。

本審査で平日9時から18時の間に中央リテールの店舗に行く必要があることが中央リテール最大のデメリットです。

地方在住の人は、中央リテールに申し込んだあとに直接電話してみるといいでしょう。

その際に下記のことを担当者に伝えましょう。

  • 本審査で店舗に行くことは知っている
  • どうしてもおまとめローンで借金を完済したい

中央リテールの口コミから判断すると、どうしても借金を返済したいという強い意志を持っている人に融資をしたいようです。

上記の2点を伝えれば遠方でも審査に通る可能性はありますが、原則難しいと思ったほうがいいでしょう。

事業主は審査対象外

法人、個人事業主は中央リテールでは審査対象外なので審査に通りません。

無職、パート、主婦、年金生活者の人も審査対象外です。

アルバイトや派遣社員の場合は収入次第です。

契約中のカードローンやクレジットカードの解約が必要

現在の借り入れを中央リテールのおまとめローンにまとめることになります。

その際に、利用中のカードローンとクレジットカードを処分することが契約の条件になります。

クレジットカードの解約はしたくないと考えている人は審査に通りません。

中央リテールはブラックリストでも審査に通るのか

中央リテールはブラックリストでも審査に通るのか

中央リテールは2ヶ月以上の延滞・金融事故のある人は原則として審査に通りません。

現在ブラックリスト入りしている人は審査に通るのは厳しいです。

自己破産や個人再生などの債務整理ブラックの人や、他社滞納中で延滞ブラックの人も審査に通りません。

過去記事の「ブラックリストだといつまでローンは組めない?ブラックを消す方法はある?」も審査の参考になりますので読んでください。

滞納は、61日以内で信用情報機関に登録されてなければ審査に通る可能性があります。完全に延滞ブラックになる前ですね。

申し込みブラックも中央リテールの審査に通る可能性は十分あります。

中央リテールはヤミ金ではないのか

中央リテールは中小の消費者金融なのであまり知名度はありません。そのため「怪しい会社ではないか」「ヤミ金ではないか」などは気になるところでしょう。

金融庁はヤミ金についてこのような定義をしています。

ヤミ金融は、貸金業法に基づく登録を受けずに、違法に貸金業を営む業者です。登録を受けた「貸金業者」ではありません。

つまり、登録を受けた貸金業者は正規の貸金業者と判断できます。

金融庁のヤミ金(悪質業者)の検索から中央リテールを入力してチェックすると、貸金業登録されているのでヤミ金ではないことが確認できます。

  • 東京都知事(4)31283号
  • 日本貸金業協会会員005560号

中央リテール審査の流れ

中央リテール審査の流れ(申し込みから契約まで)

中央リテールの特徴のひとつとして、仮審査に通り、本審査のため店舗に来店できる人は審査落ちする可能性は低いです。

まずは中央リテールの審査の流れから。

  1. 中央リテール公式サイトから申し込み
  2. 仮審査は早ければ1時間程度で連絡がくる
  3. 職場に在籍確認の電話がある
  4. 仮審査の結果は可否関係なく連絡してくれる
  5. 渋谷の店舗で本審査開始
  6. 本審査の結果が出たら現金を受け取る
  7. 他社を解約して借り換えの手続き

中央リテール公式サイトから申し込み

「オンライン申し込みはこちらから」をクリックして、漏れのないように記載してください。

「ご希望の連絡先」で勤務先を選べば在籍確認も済みますので手っ取り早いです。

仮審査は早ければ1時間程度で連絡がくる

本人確認と、申込内容の確認の電話なので特に難しいことはありません。聞かれたことに答えていくだけです。

申込内容の確認が終わると、最終確認で2点ほど質問事項を聞かれます。

  • 平日9時から18時の間に中央リテールの店舗来れますか?
  • 現在利用中のカードローンやクレジットカードなどは解約できますか?

この質問に「OK」と答えることができなければ仮審査で落ちます。

職場に在籍確認の電話がある

銀行や消費者金融と同じように在籍確認はあるので、勤務先に電話連絡がきます。

担当者の個人名でかけてくるのでバレる可能性は低いでしょう。

在籍確認が不安なかたは、過去記事の「在籍確認があれば審査に通る可能性は高い?申込みが会社にバレない?」を参考にしてください。

仮審査の結果は可否関係なく連絡してくれる

1~2時間程度で中央リテール担当者から連絡があり、「いつ、何時に来店できるか」という具体的な話になります。

渋谷に来たことがない人は店舗の場所が分からない人も多いでしょう。

その場合は、担当者から「渋谷のハチ公前に着いたら電話ください。店舗までの行き方を教えます」と教えてくれることもあります。

中央リテールの店舗住所や電話番号

中央リテールへのアクセスですが、JR各線、東京メトロ銀座線、東急東横線、京王井の頭線の渋谷駅ハチ公口より徒歩5分ほどです。

東京メトロ半蔵門線、東急田園都市線、副都心線の渋谷駅地下3a出口より徒歩3分ほどで、道玄坂二丁目の交差点が目印となります。

渋谷駅はちょっとした迷路みたいな感じなので、初めて来た人は高確率で迷います。どこから出ればいいかも分からなくなります。ドラクエのダンジョンみたいなものです。

もし東京に来たことない人や、このあたりの土地勘が全くない場合は担当者に伝えておきましょう。

道に迷うことを前提で、早めに渋谷駅に着くようにしたほうがいいです。早すぎたとしても、渋谷駅付近には朝から開いてるカフェがたくさんありますので時間は潰せます。

中央リテールの店舗情報は下記のとおりです。

  • 〒150-0043
  • 東京都渋谷区道玄坂2-25-7-プラザ道玄坂ビル6F
  • 0120-965-797/03-6415-1280
  • 営業時間:平日9:00~18:00

本審査で必要な必要書類

ここで本審査当日に用意しておく必要書類の話も出ます。

必要書類
  • 本人確認書類(免許証や保険証)
  • 収入証明書(源泉徴収票や給料明細2か月分)
  • 借入先のカードや明細
  • 印鑑

取りに帰ることはできないでしょうから絶対に忘れないでください。

中央リテールは来店不要で利用することはできません。店舗で契約する決まりになっています。

渋谷の店舗で本審査開始

店舗についたら個室の応接間に案内されます。

必要書類を渡したら、借り入れシートに「どの金融機関からいくら借りているか」を記入します。その際に借金が増えた経緯も聞かれます。

このやり取りも本審査の一環として考えてください。ここで横柄な態度を取ると審査落ちする可能性は高いです。

ここで「絶対に借金を完済したい」という強い意志が伝わると、担当者は審査に通そうと頑張ってくれます。

あとは担当者に任せて本審査の間待つだけです。時間は30分程度かかります。

本審査の結果が出たら現金を受け取る

本審査に通れば、中央リテールとおまとめローンの契約書の発行をします。

融資は店舗で手渡しで受け取ります。

他社を解約して借り換えの手続き

担当者と一緒に他社の借り換えの手続きをします。カードローンやクレジットカードの解約するために、店舗に行く必要があれば近くの店舗に同行してくれます。

他社借入件数が多いでしょうから、1日かかると思ってください。

現在利用中のカードローンやクレジットカードの解約が終われば、中央リテールでのおまとめは完了です。

返済方法は、自分で任意の支払日を決めて中央リテールの銀行口座へ毎月振り込みとなります。

現在、借りては返してを繰り返している人はおまとめローンを組むことで多重債務者から抜けられます。まずは一歩進めます。

中央リテールで即日融資できるのか

中央リテールで即日融資は厳しいか?

公式サイトには「ご融資まで最短1日」と書いてありますが、渋谷にある店舗で契約する必要がありますの即日融資は難しいです。

平日9時から18時の間に中央リテールの店舗に行く必要があるので、金曜日に申し込むと土日をはさむので時間がかかります。

出来れば週の初めに申し込むことをおすすめします。

  1. 月曜日の午前中に申し込み
  2. 昼の時点で仮審査通過(仮審査は最短2時間で完了)
  3. 次の日の午前中に本審査の約束を取りつける

この流れなら、最短で申し込みをした次の日にはお金が借りれます。審査がスムーズにいくことが前提条件になります。

中央リテールの口コミ・評判

中央リテールおまとめローンの口コミや体験談

実際に中央リテールを利用した人、申し込みした人に話を聞いてみました。いい口コミだけでなく、悪い口コミも載せています。

いい口コミ

30代男性の口コミ・評判【40代男性】
【評価:★★★★☆】
消費者金融4社から借金していて、総額で200万円以上ありました。本当は銀行で借金をまとめようと思ったのですが審査に落ちました。「もう自己破産しかないか」と思っていましたが、ネットで調べている時に中央リテールを知りました。「どうせダメだろ」と思い申し込んだらまさかの審査通過。東京の店舗に行くのは面倒でしたが、ここしか頼るところがなかったので。
20代女性の口コミ・評判【20代女性】
【評価:★★★★☆】
中央リテールでおまとめローン借りれました。聞いたことない消費者金融なので不安でしたが、担当者の対応はよかったです。返済プランを私の負担にならないように考えてくれました。ただ平日しか開いてないので私のように平日が仕事の人間にはきついです。でも、どこからも借りれなかった私に融資してくれたのは神でした。

悪い口コミ

30代男性の口コミ・評判【30代男性】
【評価:★☆☆☆☆】
審査落ちました。理由を聞いてみると借入金額が少ないことが理由っぽいです。借金が少なくて審査に落ちるなんて、普通は逆ですよね。
30代女性の口コミ・評判【30代女性】
【評価:★☆☆☆☆】
どこに申し込んでも審査に通らなかったので中央リテールに申し込みました。でも遠方に住んでるということで審査落ち。関東に住んでないとだめなのかも。

中央リテールのメリットとデメリット

銀行や大手消費者金融と比べて中央リテールを選ぶメリットやデメリットについて説明していきます。

具体的には東京スター銀行やアイフルと比べています。

中央リテールを選ぶメリット

  1. 銀行や大手消費者金融よりも審査が甘い傾向
  2. 軽度のブラックなら審査に通る可能性がある
  3. 担当者は貸金業務取扱主任者の有資格者

銀行や大手消費者金融よりも審査が甘い傾向

これまで説明してきたように、銀行や大手消費者金融よりも審査が甘い傾向にあります。特に借入件数が多いことで審査落ちしてきた人であれば、中央リテールなら審査に通る可能性があります。

おまとめローン専門の消費者金融だけあって最長で10年間返済ができる点も強みです。

金利も意外と低く中央リテール(10.95%~13.0%)と東京スター銀行(12.5%)はそう変わりません。

軽度のブラックなら審査に通る可能性がある

申し込みブラックであれば、銀行や大手消費者金融の審査には通りません。中央リテールなら審査可能です。

完全な延滞ブラックはさすがに中央リテールでも審査落ちします。ですが他社の滞納が1か月程度なら信用情報機関に登録されていない可能性があるので審査に通る可能性があります。

担当者は貸金業務取扱主任者の有資格者

中央リテールの担当者は、国家資格である貸金業務取扱主任者の有資格者です。そのため審査だけでなく、借金の返済計画の立て方などにも詳しいです。

中央リテールのおまとめローンを利用することで、金利の負担と毎月の返済額を減らし、借金返済プランも立ててくれます。

中央リテールを選ぶデメリット

  1. 契約の際に必ず店舗に行く必要がある
  2. 他社クレジットカードやカードローンの解約が必要
  3. 知名度が低く口コミや評判が少ない

契約の際に必ず店舗に行く必要がある

「平日9時から18時の間に中央リテールの渋谷にある店舗に行く必要がある」これが中央リテールで一番のデメリットです。

家が遠い人は東京に行くまでの交通費もかかる上に、土日しか休みのない人は平日に休みを取る必要もあります。

他社クレジットカードやカードローンの解約が必要

借金返済の観点から見ると解約したほうが絶対にいいです。

ですが、しばらくクレジットカードなしの生活になります。ネット通販などでクレジットカードが必要な人はデビットカードを持つといいですね。

知名度が低く口コミや評判が少ない

シンプルに、「あまり聞いたことない貸金業者」と思う人が多いでしょう。CMもしてないし口コミや評判の数も少ないです。

それでも金融庁に登録している正規の貸金業者として15年以上も営業しているので問題ありません。

まとめ:中央リテールは審査の甘さは貸金業界でもトップクラス

今回説明したとおり、中央リテールは多重債務者でも審査に通ることが分かったと思います。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

おまとめローン
  1. おまとめローンの審査が甘い金融機関が知りたい
    →中央リテールの審査はおまとめローンの中でトップクラスに甘い
  2. 銀行や大手消費者金融のおまとめローンの審査に通らない
    →中央リテールなら借入件数5件以上、借入総額200万円以上と通常では審査落ちする人を中心に融資している
    →完全なブラックリストの人は審査に通らない
    →申し込みブラックや信用情報に記載のない滞納(1か月)なら審査に通る可能性あり
  3. 多重債務で悩んでいるが自力で返済したい
    →中央リテールは多重債務者にも積極的に融資をしている
    →もし中央リテールで通らないなら債務整理を考える段階にある

もうどこに申し込んでも審査が通らない、何社からも借りているので毎月の返済が大変。

中央リテールの審査に通っている人はそんな人ばかりです。そして、その人たちは人生をやり直しはじめました。

借金に追われる生活はもうここまでにしましょう。

中央リテールの担当者は全員が貸金業務取扱主任者という資格を持っているプロです。話を親身になって聞いてくれますよ。

追記

もし中央リテールの審査に落ちるようなら、あとはユーファイナンスぐらいしかありません。それでもダメならおまとめローンはもう難しいので、専門家に相談することをおすすめします。